ご挨拶「こと」の発端は去年の夏にありました。八月七日はぼくの「記念」すべき「還暦」の日つまり、六十歳の誕生日でした。数年前に還暦を迎えたぼくの尊敬する先輩S氏の「祝う会」でS氏は還暦を過ぎたらあとは「おまけ」の人生だ。と、仰っていました。その、自分も還暦を迎えその言葉がふと、アタマをよぎりました。ロボット(ROBOT)を創業して二十四年。おかげさまで、ロボットも日本を代表するコンテンツメーカーに成長しました。創業した当時はむろん「コンテンツ」などという言葉はありませんでしたが漠然と「映像を商品にする会社」ディズニーを目指すのだという想いがありました。いま、ロボットはその、ディズニーの後ろ姿を捉みかけているのかもしれません。一九七四年に社会人になり、十二年、ロボットを創業して二十四年、同期で社会人になった仲間も「退職」という現実が迫っています。「阿部は退職がなくていいなぁ」と、いう言葉には考えさせられるものがありました。さて、ぼくはいくつまでここにいるのだろう。ロボットも二十四歳。そろそろ、ぼくの手を離れてもいいのではないだろうか、そう思いました。一九九四年に最初の映画「love letter」の製作を手がけて十六年。いつの間にか映画製作がぼくのメインの仕事になり去年の夏ロケーション先の出雲で主役のNさんに「阿部さんはプロデューサーが天職ですね」と言われ、なんとなく、独り言で「そうかも」と呟いたような気がします。オマケの人生、映画製作に専念しよう。そう決めた去年の夏でした。と、いう事で七月一日より株式会社阿部秀司事務所としてスタートすることにしました。むろん、ロボットとは切っても切れない縁があります。「創業者・顧問」としてこれからもコラボレーションして仕事は続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。引っ越しの案内状みたいになりますがロボットへお越しの際は、ちょっと足をのばして代官山へもお立寄りください。平成二十二年六月吉日株式会社 阿部秀司事務所代表取締役・プロデューサー 阿部秀司取締役 藤原俊祐秘書 矢満田弘子